インターネットマーケティング

別名、ネットマーケティング!!

インターネットマーケティングという言葉を知っていますか?略して「ネットマーケティング」とも呼ばれるインターネットマーケティングとは、インターネットを利用したマーケティング活動の総称。企業のウェブサイトの開設、インターネット広告、WWW(ワールドワイドウェブ)技術を応用したマーケティングリサーチ、SEOなどなど・・・。ここではそんな「インターネットマーケティング」について色々とまとてみました!

インターネットマーケティングの方法

インターネットマーケティングの具体的な方法としては、インターネット広告を出したりEmail広告を出したりといった、いわゆる「広告戦略」といった種類のマーケティングも広義ではWebマーケティングに含まれますが、下記のようにインターネット上ならではの手法を活用して行う広報活動全般のことを指すことの方が多いです。

  • 自社のホームページや商品専用のWebサイトを通じてユーザーに対し商品やサービスに関する宣伝活動や啓蒙・普及活動を行うこと。
  • WebサイトやECサイトにより多くのユーザーが検索エンジン経由で来るようにWEBサイトのSEOを行うこと。
  • インターネット上のユーザーへ対するアンケート調査を通じて市場調査を行う活動、自社サイトで獲得した顧客に対して新製品の案内やサービスの拡充などに関して記載したEmailを送付すること。
  • 自社ブログや商品ブログなどを立ち上げて、そこで商品の告知を行ったり商品の改善点に関する意見をユーザーから集めて双方向的なコミュニケーションを取ることetc・・・。

その他にも、インターネット上で行われる顧客獲得活動、宣伝活動など全てのマーケティングが含まれます。インターネットマーケティングは、更新後、すぐに反映され、その効果が出るのが速いのです。して、時間、曜日を問わずに年中無休でマーケティング活動が行われています。

最大のメリット

インターネットマーケティングの最大のメリットは、マーケティング費用が格段に安いということです。実際に店舗を出して商品を販売するよりも、インターネット上で店舗を構えずに販売する方が経費がかからなくて済みます。インターネット上での宣伝費用が、紙媒体などによる宣伝費用と比較してみるとずっと安いのです。初期投資が少なくて済むということは、特に新しく事業を始める人にとって大きなメリットではないでしょうか。

インターネットマーケティングとインターネット広告

インターネットマーケティングの一つであるインターネット広告とは、インターネットを使った広告です。携帯電話などのモバイル端末に表示される広告も含まれます。「ネット広告」と略されたり、「オンライン広告」「ウェブ広告」とも呼ばれます。インターネットが普及している現在ではインターネット広告のリーチはマスメディアに引けをとらないといえるでしょう。広告媒体となるWebサイトに、広告主のサイトへリンクを設定した画像を掲載するバナー広告や、メールマガジンに広告主のWebサイトの宣伝を掲載するメール広告などの手法があります。インターネットの普及に伴い、メディアとしての価値が高まっているため、インターネット広告市場は急成長しています。

高額商品

インターネット広告は、ウェブサイトで料理のレシピやゲームなどのサービスを提供することにより、ブランドに能動的に向き合うきっかけをつくることが可能です。インターネット広告に向かない商品カテゴリーは基本的にありません。例えば自動車をはじめとする高額商品やパソコンなど、衝動的では無くじっくり吟味する商品は、購買意志決定プロセスにおいてインターネットが重要な役割を果たすので、インターネット広告によるウェブサイトへの誘導が欠かせませんよね。これらの商品はカタログを入手するなどして性能や品質を比較するものですが、インターネットがその機能を代替します。

カタログを届けるには広告を見たユーザーに電話をかえさせたり来店させたりする必要がありましたが、インターネット広告ならばクリックさせるだけです。

ファッションや宝飾品など

ファッションや宝飾品など買われる商品カテゴリーはイメージが大切なので商品を正確に伝える画像が求められますが、ブロードバンドによって可能になったインターネット広告はそのニーズに応えられます。雑誌広告に劣らない豊かな色彩やテレビ広告に劣らない滑らかな動きを表現できるようになってきたのも人気の秘密です。

食品や飲料など

各種大手スーパーがこぞってネットスーパーに力を入れていますよね。食品や飲料などのの商品カテゴリーはインターネット広告が大切です。

インターネット広告のデメリット

インターネットでは誰もが自由に情報を発信出来ます。これはインターネットの長所ですが、情報の信頼性や公正さを判断しにくくさせる短所ともいえます。嘘、まぎらわしい情報がインターネットにはあふれています。

インターネット広告のデメリット:対処

アメリカ連邦取引委員会は2000年5月に発表した「ドットコムディスクロージャーズ」(Dot Com Disclosures)において、インターネット広告で明瞭な情報を提供するために考慮すべきポイントを示唆しています。日本では公正取引委員会(http://www.jftc.go.jp/)が1999年2月から「景品表示法」(不当景品類及び不当表示防止法第2条の規定により景品類及び表示を指定する件)の対象範囲を拡大して、インターネット広告の監視も開始します。002年8月からは一般消費者を電子商取引調査員とした電子商取引監視調査システムの運用を開始しています。それでも日本広告審査機構(http://www.jaro.or.jp/)へのインターネット広告への苦情や問い合わせは増加傾向にあります。

インターネット広告の特徴

インターネット広告の特徴は、マスメディアが捕捉しきれない顧客(ターゲット)にポイントを当てることが出来ます。いわゆるターゲティング性とインタラクティブ性です。ターゲティング性とは、顧客(ユーザー)の年齢・性別などの属性、行動履歴、地域などによって、配信する広告の内容を対象を細かく分けることが出来ることです。インタラクティブ性とは、単純に広告を表示するだけでなく、ユーザーがクリックなど、動くことによって従来のマスメディアではできなかった深いコミュニケーションが取れることです。

インターネットマーケティングと電子商取引

インターネットマーケティングと電子商取引はとても深いつながりがあります。通信販売は通販と略されます。通信販売は小売業のうちの無店舗販売の一つです。店舗ではなく、メディアを利用して商品を展示します。メディアにアクセスした消費者から通信手段で注文を受け、商品を販売する方法です。電子商取引の普及に伴い、「通信販売」「通販」とは電子商取引を意味することが多いようです。電子商取引はインターネットのウェブサイト等を利用して取引を行います。

通信販売と電子商取引

通信販売の手段は様々な商品を介して商品の展示を行っています。テレビやラジオのコマーシャルやショッピングコーナーなどがあります。CSやケーブルテレビなどでテレビショッピングなどは毎日行われています。新聞、雑誌の広告や折込チラシでも通信販売は行われています。通販商品カタログは通販手段の一種で、ダイレクトメールなどで個人、会社に届けられます。カタログ雑誌として書店で売られているものもあります。インターネットのウェブサイトを介して商取引を行っている場合も最近増えています。インターネットにおけるオークションもその類です。インターネット上の商取引は、インターネットの中での仮想店舗を持つ事が多く、通信手段には、電話やファクシミリ、郵便、インターネットなどが利用されます。

メリット【売り手】

電子商取引では、商品の売り手側には実店舗を持つコストが節約できます。資金が少ない人でも開業が容易です。地理的に不便な地域でも世界市場を手にできるなどのメリットがあります。実店舗とECサイトとの連携により生まれるシナジー効果は、クリック・アンド・モルタルと呼ばれます。 両方で展開している場合は積極的にこれを行うことが通常の展開の方法です。

メリット【買い手】

買い手にとっては商品の流通段階が省略でき、消費者にとって低価格で商品が購入できるメリットがあります。消費者は価格や、品質・性能などに関する情報収集と、選定・決済と、時間・空間的に同一の場所で行えます。消費者にとって自らに有利な意志決定をしやすくなるメリットもあります。最近になってアフィリエイトが登場し、多くのECサイトはそのサービスを導入しています。

電子商取引のデメリット

インターネット通信販売の問題点としてはコンピューター特性上、回線上のデータ漏洩があげられます。問題点の一つに回線そのものや、インターネットプロバイダ内部の設備トラブル発生時などがあります。 商取引の安全性や消費者保護などには、何らかの対策が必要となります。機密保持については、暗号化通信を使い、データの盗聴がされても、内容がわからないように設定しています。また、販売サイトを装って個人データなどを騙し取るフィッシング詐欺もあります。

電子商取引の特徴

電子商取引は、下記のいずれか、もしくはこれらの複合であるともいえます。

  • オンラインマーケティング
  • オンライントランザクション処理
  • 電子資金移動(EFT, Electrical Finance Transfer)
  • 電子マーケティング
  • 電子データ交換(EDI)
  • 自動化された在庫管理システム
  • 自動化されたデータ収集システム
  • サプライチェーン・マネジメント

インターネットマーケティングの可能性

現在、インターネットマーケティングを利用する企業、店舗は増えていて、その作業を請け負う業者も増えています。どのくらいの効果があるのかは、蓋を開けてみないと分からないですが、大きな可能性を秘めたものだと言えると思います。自分でインターネットマーケティングを行う企業、店舗も増えていて、インターネットマーケティングの市場は拡大しています。その可能性に期待できると少しでも考えられるなら、ぜひ活動してみる価値があるでしょう。

アフェリエイトってなんじゃ?
Chromebookのすゝめ